GALLERY TOMO

2017.3.14

藤田 薫 個展 “your  ”



Caori Fujita Exhibition “your ” / 藤田 薫 個展

2017年3月14日(火)~3月26日(日)
12:00-19:00 月曜休 日曜17時迄
GALLERY TOMOでは主にイタリア、韓国等の主にギャラリー企画やアートフェアで活躍してきた藤田薫の個展をいよいよ満を持して京都で開催。人の形をモチーフに、色や輝きなどを含ませ表現した作品を大小様々展示予定。
在廊日は3月14,25,26日
作家ホームページ
http://caori-fujita.com/ja.html
Caori Fujita Exhibition “your ”
Duration : March 14 – 26, 2017 Tuesday-Sunday 12:00-19:00 ※Until 17:00 close only Sunday, Monday closed.
Venue : GALLERY TOMO
633, Shimogoryo-cho, Nakagyo-ku, Kyoto 604-0995
TEL : 81+75-585-4160 MAIL : info@gallery-tomo.com HP : www.gallery-tomo.com/

Artist official site

http://caori-fujita.com/ja.html

Statement of Caori Fujita

As cells are reborn in our body every day, life and death repeat. The body that we always see from the outside in the same way is always changing on the inside.
Every relationship we have changes our consciousness and feelings so they change and disappear with each contact. As well as causing changes in our body, these changes are more transitory and unforeseeable than physical change.
Our relationships with other people can give rise to misunderstandings when outer appearances belie the inner changes that occur.
In my work, I express and contrast the difference of textures between the inside and outside of the human body, by creating various shapes from a very ordinary person’s back. I use a technique called KANSHITSU (made from URUSHI/lacquer, soil and cloth), which is one of the traditional techniques for sculpture production in the East.
And this time, GALLERY TOMO held in Kyoto mostly the solo exhibition of Caori Fujita who was mainly active in gallery projects and art fairs such as Italy(with MAG gallery), Korea and so on. Various large and small pieces are planned to be displayed expressing the shape of a person as a motif, including colors and radiance. Please visit for showing and make sure her new “yours”.
Gallery maneger
TOMOHARU AOYAMA

2017.3.09

町田 藻映子 個展 GALLERY TOMO ITALY


Moeko Machilde solo show MAG JAPAN ROOM PROJECT
町田 藻映子 個展 GALLERY TOMO ITALY

イタリア支店、MAGギャラリーで2017年3月9日~31日の間、町田藻映子の個展を開催いたします。
彼女の基本コンセプトである絵画表現における試み、“自然界における生命活動エネルギーの可視化”をテーマとした作品群をイタリアの人々にお披露目します。
作家ホームページ
http://lagalaksiafervojo47.wixsite.com/moeko-machilde
http://www.marsiglioneartsgallery.com/

2017.3.07

松岡円香 森永悠太 矢田敬子 日本画三人展


松岡円香 森永悠太 矢田敬子 日本画三人展
広島市立大学出身の3人による展示。
2017年3月7日(火)~12日(日)
12:00-19:00 最終日17時迄
出展者プロフィール
松岡 円香  
兵庫県神埼郡出身
広島市立大学日本画専攻在籍  
自然や廃屋をテーマに制作しています。題材となる土地に行き、現場を可能な限り歩き、感じながら絵にすることを心がけています。そうして感じた温度やにおいが、鑑賞者に伝わるような絵画を目指しています。
森永 悠太
広島県広島市出身
広島市立大学芸術学部美術学科日本画専攻
実景から形を借りて自分のイメージと何気なく見た景色の色を重ね合わせ、記憶の景色を描くことを試みています。自分の中の「記憶の景色」は、時間が経過するにつれて景色が霞み忘れられていきます。なくなっていく儚さと形を変え続ける美しさを表現しようと思っています。
矢田 敬子
三重県四日市市出身
広島市立大学芸術学部日本画専攻
海や淡水生物を主に描いています。水中や水辺で生きていくために発達した、体表・色彩・体の構造・生息場所等に深く関心があり、「生きること・生きていること」を姿を借りて表現したいと思っています。