鳥彦 “見放された街”


鳥彦 個展 ”Forsaken Cities -見放された街-”

「罪には罰を」の声が響き渡って、あらゆる街には罰が溢れた
しかし罰をくだしたところで、罪が消えるはずも無かったのだ
みな気付くのが遅すぎた
罪の上に、罰という罪を重ねて
渦潮の様に濁っていく街、旋風の様に荒んでいく街
手遅れだと知っていて、私は逃げ出した

2015年12月8日〜20日
12:00~19:00 ※月曜休

鳥彦“Forsaken Cities”

 イタリア作家招待企画が続くGALLERY TOMOの下半期、真冬を迎えるギャラリーでの展覧会を彩るのは鳥彦だ。
 弊画廊では過去に3度、彼の展示を開催している。4度目のテーマは“Forsaken Cities”。忘れ去られた、打ち捨てられたなどの意味のあるこの言葉が今回のキーワードとなる。

 2010年から作家活動を本格化。その後いくつかのグループ展、個展をこなしつつ京都を中心に活動中。彼が用いる技法は、マニエール・ノワールとも称されるメゾチント技法。西洋においては、非常に手間のかかる技法として一度は廃れてしまった技法である。この技法が現代で“再発見”されたのは、実は日本人の手によるものだ。
 浜口陽三、岩谷徹に代表される黒が特徴的なメゾチント、それゆえ基本的に華やかな画面とはならない。大河のように骨太に続いている日本の美術の文脈の中では、彼の描くタッチは少々異彩を放つ。
 鳥人が漆黒の闇の中をさ迷い、時に立ち止まり、まどろむ。その光景は、さながらルドンの版画作品のような寂寥感と夢想性に近い独自の世界観を持っている。フランスで活躍した長谷川潔の作品にもルドンとの共通性を見出すことができるが、彼と違うのはもっと個人的な、内なる心の衝動に耳を傾け、現実と夢想の狭間で救いを求めるかのような思いが画面上で正直にさらされている部分だ。この黒の世界への憧憬は時にユーモラスであり、その前に立つ鑑賞者自身も審判を受け、無意識のうちに領野を刺激され引き込まれた上に自己について考えるきっかけを得る。

 本展においては新しいタロットシリーズが披露される。2013年の個展“OLD AGE”で披露されたシリーズの新作となる。人であって人でない鳥人が、光も届かず、時間の流れからも見放されたような街を生きる物語。

GALLERY TOMO CONTEMPORARY
青山知相

PV
https://www.youtube.com/watch?v=nprGyTrIy1I&feature=youtu.be

鳥彦
鳥人をモチーフとした銅版画(メゾチント技法)を制作
京都を中心に活動中、ギャラリー知では4回目の個展
http://magatu.karakasa.com