アントーニオ・ペドレッティ “無限の風景”


“TRE MOSTRE TRA ORIENTE E OCCIDENTE”
東洋と西洋の間の3つの展覧会 第2弾

アントーニオ・ペドレッティ “無限の風景”
(ペドレッティの歩みにおける風景)

主催: MAG ギャラリー、GALLERY TOMO、イタリア文化会館-大阪

監修: サルヴァトーレ・マルシリオーネ、青山 知相、ステファノ・フォッサーティ

オープニング
コモ:10月16日(金)18:00
京都:10月22日(木)17:00
大阪:10月24日(土)17:00
期間: 2015年10月16日~11月8日

問い合わせ
コモ : +39 3287521463 info@marsiglioneartsgallery.com
京都: +81 75 5854160 info@gallery-tomo.com
大阪:+81 6 62278556 stefano.fossati@esteri.it

会場
MAG ギャラリー (コモ) : ヴィア・ヴィターニ 31、コモ、イタリア
GALLERY TOMO: 604-0995 京都市中京区下御霊前町633 青山ビル1F
イタリア文化会館-大阪: 530-0005 大阪市北区中之島2-3-18 中之島フェスティバルタワー17F
www.magcomo.it
www.gallery-tomo.com/
www.iicosaka.esteri.it

後援・協力: イタリア文化会館―大阪
後援: 在大阪イタリア総領事館.、京都市、伊日財団、イタリアソムリエ協会、ルイージ・ルッソロ資料連盟
時間: 火-土曜日 10:00~19:30(コモ)
火-日曜日 12:00~19:00(京都)日曜日17:00迄
月-土曜日 10:00~18:00(大阪)土曜日17:00迄

ご挨拶

コモと京都・大阪をつなぐプロジェクト第2弾でわたしたちがフィーチャーするのは、イタリア・ロンバルディアの生粋の画家にして現代の巨匠、アントーニオ・ペドレッティだ。
昨冬、私はこのアーティストに会うため、ヴァレーゼにある彼のアトリエを訪ねた。モノクロームで統一された端正で厳かな空間。室内に充満する絵の具の香り、自分も含めた生ある動植物と感覚を共有し、リンクしているような不思議な空気。異邦人である私を受け入れる随分とあっさりした懐の深さといえばよいか。そもそも、我々は輪のように繋がっていたのだと思える作品を前にした空気。
彼の作品をみると我々東洋と、彼の地西洋の間を隔てる色彩というものがあるとするなら、日本で展示することによってその色が真に美しいグラデーションを奏でるような気がした。MAGギャラリーのサルヴァトーレが考えるように日本とイタリアの絵画の伝統の橋渡しにふさわしい。
古より、日本人は四季がみせる豊かな様相を愛でてきた。絵画においても自然と対峙する自己の実存を確認してきた。画面の上で眼を通した四季、移り変わる自然が表現されるが、それこそはペドレッティの作品の特徴でもある。ペドレッティの作品でも身のまわりの変化の変遷に常に光が当てられてきた。森羅万象、自然の再生の概念、東洋的思想における生命の輪廻。東洋と西洋の画家の精神の邂逅が垣間見ることができるのではないか。彼の描く画面の中には、誠に静かに、萌え出たばかりの若木の眩い生命力がきらめき、沼に没した老木の腐敗、礎の気配で満ちている。 今回、3つの会場で展示される作品のすべてはこうした哲学的概念を基本としている。ペドレッティの風景と日本の伝統風景の関係性を余すことなく楽しんで欲しい。

GALLERY TOMO 代表 青山 知相

マルコ・ネレオ・ロテッリ “私の言葉の中の鏡”

“TRE MOSTRE TRA ORIENTE E OCCIDENTE”

東洋と西洋の間の3つの展覧会 第1弾
マルコ・ネレオ・ロテッリ “私の言葉の中の鏡”

全体会期:10月1日~18日
GALLERY TOMO CONTEMPORARY(以下、GALLERY TOMOと記載)
12:00~19:00 (最終日17:00迄、月曜休)
イタリア文化会館 大阪 10:00~18:00 ( 土曜日 17:00 迄、日曜休)

関連イベント

10月1日( 木)

① 14:00 ~ 16:45
プレ・イベント
響き合う日伊詩人:ポエトリーリーディング in Kyoto 2015
主催:“JUNPA” 日本国際詩人協会  
会場:新島会館本館 2F 礼拝室
日本国際詩人協会URL. http://www.ama-hashi.com/
参加費:¥2,000

② 17:00 ~ 19:00
オープニングパーティー( 京都) 
会場:GALLERY TOMO 入場無料

10月2日( 金)

17:00~19:00
オープニングパーティー( 大阪)  
会場:イタリア文化会館 大阪 入場無料

主催
GALLERY TOMO 、MAG、イタリア文化会館 大阪
MAG: http://www.marsiglioneartsgallery.com/
イタリア文化会館 大阪: http://www.iicosaka.esteri.it/IIC_Osaka/
協力
日本国際詩人協会

http://www.ama-hashi.com/

後援
京都市、在大阪イタリア総領事館、伊日財団、イタリア ソムリエ協会、ルイジ・ルッソロ資料連盟

マルコ・ネレオ・ロテッリ

1955年ヴェネチア生まれ。
1982年建築課程を卒業後、現在、ミラノとパリを拠点とする。
ロテッリはこれまでの間芸術と他の知性の分野との間に揺るぎない関係性を築いてきた。ヴェネチア・ビエンナーレに7度参加。彼個人及び彼の関与したグループの作品は世界中の重要な美術館に多数収蔵されている。美術評論家だけでなく、詩人、作家、哲学者やインターナショナルな文化人が彼について述べ、コレクションを増やしている。
http://www.marconereorotelli.it/bio.html

ご挨拶

2013年から3年間、GALLERY TOMO(ギャラリー知)は、イタリアのコモに位置する近現代美術ギャラリー、MAGと提携し、国境を越え、現代美術資産の相互交流を進めて参りました。この度、その交流をさらに発展させ、イタリア文化会館-大阪との共同開催という新しい形でアートプロジェクトを企画することとなりました。日本では10月初めから11月の終わりにかけて展開され、この間イタリアから3名のアーティストがシリーズで日本を訪れます。第1弾となるのは、〈言葉〉を形象化する現代の巨匠、マルコ・ ネレオ・ロテッリの展示。彼の作品が展示されるのは日本初です。また、イタリア・コモのMAG ギャラリーにおいてもロテッリ展を9月19日から先行して展示開始しており、続く形で京都の GALLERY TOMOで10月1日に、最後に イタリア文化会館-大阪で10月2日にスタートし、10月18日に3カ所同時の終幕を迎えます。3 つの異なる街で開催される今回の展覧会は、ロテッリが本プロジェクトのために特別に制作した〈光の鏡〉を通じ、文化と言葉をめぐって2つの大陸を一つに結びつけます。皆様は東洋と西洋の間につながれた一つの輪を目にすることとなるでしょう。ロテッリの展示から始まり、11月29日まで続く約2ヶ月の旅の行方が、どのような物語となるのか、現代を生きるアーティストの魂とともに感じていただければ幸いです。

GALLERY TOMO ディレクター
青山 知相

コンセプト

マルコ・ネレオ・ロテッリが今回のプロジェクトで強く望んだのは、〈言葉〉が彼に示唆しつづけてきたイメージに注目し、そこに大きな表現力を与えること、しかし同時にそのイメージを象形や主題としては決して扱わないことであった。そのイメージから透けて見えるあらゆるポエジーは愛である。すべての酸のヴェールは絵であり、面から引き出された素材である。それはあたかも、いにしえのカンヴァスにおける現代のレンブラントといった様相を呈している。
伝統的な日本の扇子の美とかたちに強い刺激を受けたロテッリは、無地の紙と着色された記号(これはより多くの作品で反復され、全展覧会で姿を見せるもの)による14 点の作品と、鮮やかなカラーのフェルトを用いた14 点の作品を創作している。そこでは逆にデザインがシンボリックにして直接的であり、その彩色された線のなかへと深く没入する。
ロテッリの芸術上の探求にとって重要な契機となったのが、エクリチュールの概念に対するロラン・バルトのアプローチであることは間違いない。現代の記号学者であるバルトは、自らが「虚空の記号の倫理学」と定義するものに関する真の教えを、自身の日本での体験から得たと考えていた。事実、バルトは1969 年のインタビューで次のように明言する。「日本での旅は、わたしをとりまく知的環境のあり様をがらりと変えてしまった。(中略)それは本質的な意味で、まったく新しい記号の体験をわたしにもたらしてくれたのである」。
これは実際、コミュニケーションが日常的な現実のなかで再発見される場で生まれる思想であり、そのとき、多様な指示対象を背負いすぎた〈シンボル〉“シニフィアン”はたった一つの言葉によって、つまりシニフィエの単一性によって、自己の認識を失う。
ロテッリの出発点となったのはまぎれもなく、いまだに知られていないシニフィアンの秩序をめぐる論理的な考察である。
小さな鏡―わたしはこれをバックミラーと考えたい―の中で孤立した記号を用い、作家はシニフィアンとシニフィエのあいだの理想郷的なコミュニケーション空間をわたしの眼の
前に提示する。記号をとりまく虚空は、映し出された現実を再現していると言いかえることもできるだろう。
さらに別の言葉を用いるなら、これらの鏡は接点にほかならない。そこでは〈シンボル〉と〈言葉〉、〈記号〉と〈言語〉とが共生し、共鳴し、無二の現実をかたちづくるのである。

MAG ギャラリー(GALLERY TOMO ITALY) ディレクター
サルヴァトーレ・マルシリオーネ

Marco Nereo Rotelli, “MIRRORS IN MY LANGUAGES”
Dates of the events
Start of Kyoto : October 1th, (17PM Opening Party @GALLERY TOMO)
Start of Osaka : October 2nd, (17PM Opening Party @Istituto Italiano di Cultura Osaka)
Both of Close: October 18th

Presented by
GALLERY TOMO CONTEMPORARY
MAG GALLERY
Istituto Italiano di Cultura Osaka