GALLERY TOMO

2018.12.11

鳥彦 個展 “DISMAL DREAM”


鳥彦 個展 “DISMAL DREAM”
2018年12月11日(火)~12月23日(日)
17,18日休廊
12:00-19:00 最終日17時迄

※GALLERY TOMO年内最終展示となります。

展覧会に際して

人類の歴史上、重要な物語遺産を遺した古代の民族には、明確な特徴がある。これは経済活動の面で、特に商業に力を入れ、他民族との規則的な接触が起きてきたところを指す。そして我々人間が、展示の機会を通して、鳥人の世界に接触してきた機会も今回を含め回数を積み重ねてきたことにより、次第に鳥人文化の性格も完成しつつあることがわかる。

鳥人の世界は、本来我々の介入の余地のない無謬性が特徴だ。一見すると、彼らはどうやら煉獄のようなところにいて、各々何かを待っているようにみえないこともない。しかし、恐らくだが彼らの世界は煉獄などではないだろう。ただ漂うのみだ。作品に描かれていない、以前存在した鳥人の全てのことも詳しく知ることはないが、その形跡を感じることができるし、決して等閑に付されたわけではない。ただ、ひたすらに深遠の黒の中で漂っていることは想像できる。

この終わりのない世界には時折、月の使徒とやらも訪れる。例えば2015年の作品に、”Sudden attack ”海の民への急襲という作品がある。本来は恵みをもたらす月の使徒によって、海に住まう鳥人の被害が出たことを示唆する作品だったが、この試練を生き延びた連中が、何を学び、持ち帰ったかは現在の作品から窺い知ることができる。開けた集会を開き、見えざる教えを説く者もいたり、井戸をのぞいて佇んだり、他の星々に思いを馳せる者もいたり、様々だ。

彼らの道は、昇るようで降りる階段のようであり、表裏もそのまま信じられないような世界だが、それが彼らの住まう世界。そしてこれは我々の世界もよく似た構造になっていると思う。ゆるやかに我々と彼らの世界は接続している。無辜の鳥人たち(人々)が不条理な運命に晒される様子を見て、我々がどういった解釈するのかという現代社会の問題が透けて見える思いだ。今回は新たに「蛮世紀」なる書籍も刊行することとしたのでこちらも注目してみて欲しい。

GALLERY TOMO
青山 知相

TORIHIKO SOLO EXHIBITION “DISMAL DREAM”
Dates:
12/11 Tue → 12/23 Sun
12:00 → 19:00 (Only lastday until 17:00)
17,18 closed

Artist site | アーティストHP
http://magatu.karakasa.com/

2018.11.13

すすすす展


すすすす展
2018年11月13日(火)→11月18日(日)
12:00-19:00(日曜日17:00)
成安造形大学3年
上井彩希
遠藤希生
竹市薫
永原佳純

すすすす展 展覧会ステートメント
本展覧会は成安造形大学の学生4人によるものです。
3年生という節目の時期に、これまでを振り返り、これからの制作活動につなげるためのグループ展を開催することになりました。
「す」について
展覧会のタイトルである「すすすす」とは、「素」という一文字に由来しています。
「素」は「素直」「素顔」「素敵」という言葉を連想することができる、
私たちの制作目標を表現した一文字です。
4人それぞれの「素」を感じてもらいたい。

2018.10.30

高木 美紀 個展「こけつまろびつ」


高木 美紀 個展「こけつまろびつ」
2018年10月30日(火)→11月11日(日)
休廊日:5(月)、6(火)
12:00-19:00(日曜日17:00)
アーティストHP
https://t0k0g0.tumblr.com/

2018.10.02

行安 晶 個展


行安 晶 個展
2018年10月2日(火)→14日(日)
月曜休 日曜日17時迄
ニュイ・ブランシュ KYOTO 2018 関連イベント
10月5日(金) 18:00→22:00
簡単なパーティー及びアーティストトーク等行う予定です。
http://www.nuitblanche.jp/
行安 晶  YUKIYASU AKIRA
岡山県真庭市出身
2012 年 京都造形芸術大学美術工芸学科油画コース入学
2016 年 京都造形芸術大学美術工芸学科油画コース卒業
個展
2015 年  「霧の中に眠る」 ART SPACE SHIGEMASTU/ 京都
2018 年 「行安 晶 個展 AKIRA YUKIYASU SOLOEXHIBITION」Gallery ART POINT / 東京
2018 年 「AKIRA YUKIYASU SOLO EXHIBITION ~dead or alive~」Gallery TOMO/ 京都
グループ展
2014 年 「STOP」 galleryTOMO/ 京都
2015 年 「the painting vol.6 /those そこに在る ソコニ在ル」 京都造形芸大 NC 棟 / 京都
  
2015 年 「au by kddi 京都北白川店 × 京都造形芸術大学 」au ショップ京都北白川店 / 京都
2015 年 「京都五美術大学交流展 息吹」 ちいさいおうち Gallery Little hose / 京都
2016 年 「京都造形芸術大学 卒業制作展」 京都造形芸術大学 / 京都
2016 年 「山本冬彦選抜全国若手作家交流展 in 京都」ちいさいおうち Gallery Little hose / 京都
2016 年 「山本冬彦が選ぶ全国若手作家交流展・東京」銀座かわうそ画廊 / 東京
2016 年 「INTRO5」The Artcomplex Center of Tokyo / 東京
アーティストHP
https://akirayukiyasu.jimdo.com/

2018.9.12

立見祐一 絵画展


2018年9月18日~30日
12:00~19:00 日曜17時迄
休廊:24、25日

2018.7.31

中山 和也展 -この日は夏休みにしていたかもしれない-


中山 和也展 -この日は夏休みにしていたかもしれない-
2018年7月31日(火)~8月5日(日)
12:00-19:00 日曜日17時迄
Photo:セザンヌはどこだっけ?/ Where is Cezanne?(Dec 2016)
中山 和也 / Kazuya Nakayama
http://www.rajarecht.nl/
Kazuya Nakayama Exhibition -It may have been summer vacation these days-
7/31 Tue → 8/5 Sun
12:00 → 19:00 (Only Sunday until 17:00)
Photo : Where is Cezanne?(Dec 2016)
Kazuya Nakayama
http://www.rajarecht.nl/

2018.7.10

山田 愛 個展


山田 愛 個展
接続 - はじまりの形態

2018年7月10日(火)~22日(日)
12:00-19:00 日曜日17時迄
16日、17日休廊
山田 愛
1992年 京都府、京都市生まれ
2014年 京都精華大学 デザイン学部 ビジュアルデザイン学科 グラフィックデザインコー
ス 卒業
2017年 東京藝術大学 大学院 学院美術研究科 先端芸術表現専攻 修了
目には見えない”不確かなモノ”-それはあらゆる物質の内部に宿り、ときに身体を抜け出し、外部空間で交流し合う。
わたしは、自身の皮膚(内と外を隔てるもの)感覚をたよりに「物質の身体とその内外に宿るモノ」を捉え、作品にしています。
”不確かなモノ”を浮き上がらせるため、それらと【接続】することから創作は始まる。
今回は初個展として【接続】により現れた作品を発表します。

2018.6.12

石原 孟 個展


石原 孟 個展
2018年6月12日(火)~24日(日)
12:00-19:00 日曜日17時迄
18日、19日休廊
東京藝術大学 美術科 日本画専攻卒
東京藝術大学大学院 美術科 日本画専攻卒
東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程修了
展覧会
2007 DESSEN EXPOSITION (ギャラリー吉象堂 京都)
2009 石原孟 小西寛之 2人展 (ギャラリー知 京都)
2010 DESSEN EXPOSITION 2011 (ギャラリー知 京都)
2012 個展(ガレリア・グラフィカbis 東京都 銀座)
2013 個展(ギャラリー知 京都)
2014 個展(銀座スルガ台画廊 東京都 銀座)
春耀の会展 —春を讃美する— (東京九段耀画廊 東京)
個展(ギャラリー知 京都)
創画会準会員
アートフェア
2013 ART ROAD 77 Special exhibition(ヘイリ 韓国)
2014 神戸アートマルシェ (神戸)
DAEGU ART FAIR 2013, 2016 (大邸 韓国)

2018.6.03

Limits: International Group Exhibition 2018


Limits: International Group Exhibition 2018
Dates | 日程 :
6/26 Tue → 7/8 Sun
12:00 → 19:00 (Only Sunday until 17:00)
2,3 closed
Exhibiting Artists | 出品者:
Damien Juillard
Yara Abu Aataya
蕭珮宜
本田莉子
Cindy Sao
Sarah NinjaWhee
Muhd Rusydan
Diana Azmn
禹 紗野
川上春奈
Irene Delvai
Alina Scharnhorst
中林 空 team
河村凜 team
Denise Yap
EVENTS:
・Opening Reception オープニング
6/26(Tue)18:30-
・Artist Talks アーティストトーク
7/1(Sun)14:00-

* English follows Japanese
テーマ:Limits
境、ボーダー、幽閉、制限、端、際、柵、妨げ、目的地、終点。Limitは終止を示す、終わりと新しい始まりを定める。Limitは越えられるもの、壊せるもの、改造できるものであるが、重んじるべき檻でもあり、行動するための心の中の尺度でもあり。文学、哲学、音楽と絵画の世界で繰り返し探究されたテーマの一つのLimitは、人間と思想の限界を定義することがクリエーターたちに新しい自分の創出とlimitの意味が様々な要因で変化することを探し出すことを挑む機会を与えた。Limitのコンセプトも多様な社会問題とともに問われている:移民問題、差別問題、ホモフォビアからもっと身近な問題ーー自分と違う存在を認めること。あなたは、自分が持っている視点を伸び、他の誰かのものと合わせられるか?あなたが挑むことにしたのは、 自分が今持っているlimitか、社会limitか、身体上limitか、心理的limitか。もしくはなんのlimitにも挑まなく、それらの効果と必要性をハイライトすることにしたのか。選んだのはどちらでも、limitは人間のあり方の一部:進化しつつあり、変化しつつある。
Theme: Limits
Bound, border, confinement, restriction, restraint, edge, verge, fence, obstruction, destination, end.
A limit designates a cut-off point, it determines the bottom line and the beginning of a new paragraph. A limit is something to overcome, break and remodel, but also a confine to respect, a perimeter within which to make your moves.
Limits have always been a recurrent theme in literature, philosophy, music and art: defining the boundaries of humans and of human minds has always challenged creative personalities to discover new ways to express themselves and to investigate how the meaning of a limit mutates according to various factors.
The conception of a limit has also been contested and discussed in relation to social issues such as immigration, racism, homophobia, and more in general in relation to the controversy of accepting who is different from you. Is it possible to stretch your point of view to meet someone else’s?
Whether you decide to challenge your own limits, social limits, physical limits or psychological limits, whether you decide to challenge no limit at all, but to highlight their effectiveness and necessity, limits are part of the human nature: constantly evolving, constantly transforming.
+PROJECT:
https://www.facebook.com/pprojectkuad
問い合わせ Inquiries:pproject.kuad@gmail.com

2018.5.15

坂本 萌子 「皮膚の肖像1」


坂本 萌子 「皮膚の肖像1」
2018年5月15日(火)~27日(日)
12:00-19:00 最終日17時迄
月曜休廊
■坂本 萌子 プロフィール■
1990年 奈良県生まれ
2013年 立命館大学 経営学部 経営学科 卒業
2017年 広島市立大学大学院 芸術学研究科 造形芸術専攻 博士前期課程 修了
現在 京都市在住
■ステートメント■
「見る」と「触れる」を身体から同時に取り出して作品にしたいと考えるようになったのは、
途切れなく写真を撮っていた10年ほど前のことで、それは、彫刻することに飛躍した。
さまざまな彫刻のなかでも人の身体を作りたいと思ったのは、
人の身体を包んでいる「皮膚」が、
「見る」と「触れる」のまざりあう場所にほかならないと、ある日ふいに知ったからである。
見ながら触れながら、見ながら触れながら。
見られながら触れられながら、見られながら触れられながら。
彫刻はこのくりかえしをくりかえす仕事で、
できあがる作品は、触れることのできない、風景そのものだ。
風景は、見ることしかできず、触れられず、動きつづけるなにものかでできている。
それは確実に重さをもち、そのことに誇りをもち、ゆったりと解放されている。
あなたの「皮膚」も、わたしの「皮膚」も、そういったものではないだろうか。
わたしは、人の、生き、まざりあう場所である「皮膚」そのものを、ゆるやかにとらえていたい。