GALLERY TOMO

2010.12.14

松本晴喜 油絵展


2010年12月14日(火)→12月26日(日)(21日火曜休)
松本 晴喜
京都生まれ
京都市立銅駝美術工芸高等学校卒
金沢美術工芸大学 油絵科卒

2010年12月14日(火)→12月26日(日)(21日火曜休)の間、「松本晴喜 油絵展」を企画しています。
普段は月曜を定休としておりますが、この会期中は21日(火曜)をお休みとさせていただき、20日(月曜)は開催いたします。
変則の日程ですが、たくさんの皆様にご高覧いただければ、と存じます。
時間は12:00~19:00
最終日は22:00頃まで。
作家が在廊する日は、20日(月)の予定です。
最終日も都合がつけば夜に来ていただければ、と思っています。
松本 晴喜  略歴
京都生まれ
京都市立銅駝美術工芸高等学校卒
アマデオ・アトリエを経て
金沢美術工芸大学 油絵科卒
現在 丹波橋の丸栄ガクブチにて活躍中
 
この展覧会によせて
松本晴喜君が金沢美術工芸大学を卒業した後、地元京都へ生活の拠点を移してからというもの、京都の鴨川等の日常の風景を毎朝スケッチし、キャンバスに絵を起こし、飼い猫の表情を捉え、という彼の毎日の積み重ねの表われを、ここ京都の地にて初めて展覧するものです。
日本の、そして京都の名も無き一画廊、ギャラリー知に展示されるのは、主に彼のそうした積み重ねの中から彼自身が選んだ作品の数々です。
作品ができるまでの過程を、見えない部分を表現していく空間にならなければならない、という重要な機会と画廊側は捉えています。
名も無き画廊だからこそ、作家をもっとフィーチャーしていく、着眼していく。名前を飾るだけでは終わらない、という決意でおります。
ご覧いただいた方からの様々な批評、そういった彼を包む環境自体がすべて彼をバックアップする環境となります。
彼の芸術文化を大事にしデッサンに忠実に描いていく、啓蒙的な作品のあり方は、たんなる作品の研究に留まるものではなく、創造に富んだものです。
そして彼の内面、感覚的なものをいかに視覚化するか、その中で彼のモチーフを発展させる姿勢をぜひご高覧ください。
ギャラリー知 代表  青山 知相