“普遍的変化” 前田 紗希 松野木 望会 二人展

“普遍的変化” 前田 紗希 松野木 望会 二人展
2016年11月15日(火)~11月27日(日)
12時~19時(最終日は17時まで) 月曜休

ステートメント
前田紗希と松野木望会の作品は、油画と日本画というように手法も異なれば、作風も異なる。しかし制作の姿勢や意識にはいくつかの共通するところがある。
青を使うということや、線や図形、あるいは色で、内面にある何かを無意識に表現している感覚。そしてその正体を探すように描き続けているということ。
今回の二人展は、違っているようで似ているそれぞれの作品を共鳴させるような試みだ。

前田 紗希 / Saki Maeda
1993年 福井県出身
2015年 京都造形芸術大学美術工芸学科油画コース卒業。
主な展覧会に、Independent TAGBOAT ART FES 2016(ヒューリックホール/東京)、ACT ART COM アート&デザインフェア2016(Artcomplex Center of Tokyo/東京)

松野木 望会 / Moe Matsunoki
1992年 山口県出身
2015年 京都造形芸術大学美術工芸学科日本画コース卒業。
主な展覧会に、数奇和ギャラリー企画公募展「ギャラリーへ行こう 2015」(大津/西萩窪)、Send 山種美術館 日本画アワード 2016-未来をになう日本画新世代-(東京)