山本 真也 個展 “UNDER THE BLACKSTAR”


山本 真也 個展 “UNDER THE BLACKSTAR”

2016年7月19日(火)~31(日)
12:00-19:00(25日休・最終日のみ17時迄)

デヴィッド・ボウイの死は衝撃的だった。死んだこと自体もだが、その死に様が。
周知の通り、ボウイはミュージカル、フォーク、ロック、ソウル、アンビエント、ディスコ、ドラムンベース等、様々に音楽性を変化させ、伴ってヴィジュアルも変化させ、幾つものペルソナを作り出し、役者もやる、絵も描く、債券も発行する、その影響は一音楽家の枠を超え、この半世紀における文化的巨人であった。
流石のボウイも病に臥せった2004年以降は新作の発表が無く、半ば引退したかに思われていたが、2013年に復帰作『THE NEXT DAY』をリリース。これまでの集大成的内容であり、且つ新たな試みも鏤められた、実に豊かな作品だった。しかし直後、癌の宣告を受ける。
死を悟って挑んだラストアルバムが、展覧会のタイトルにもなっている『BLACKSTAR』だ。ここに来てボウイはまたも”change”を敢行。ダニーマッキャスリン等、ジャズの新局面を探求するミュージシャン達と共作し、往年をも凌ぐ大胆な転身を見せ、そして発売の翌々日に逝った。「こっちを見上げてみな、俺は天国にいる」と歌い、PVでは痩せ細り血管の露になった手をアップにする等、自己のヴィジュアルも芸術の一部として来たボウイは、ここで死相すらアイコンにした感がある。
全く、こんな死に方が出来るものか。
僕は『BLACKSTAR』を主題に展覧会をやろうと思った。
山本 真也

作家プロフィール
1978年●芸術に縁遠い家庭に生まれる。
2001年●語学勉強の為、フランスへ。父に「しっかり学んで来い。まさか画家になって帰って来るなよ。」と見送られる。
2003年●画家になる決意をして帰国。サウナの中でその思いを告白し、父に二種類の汗を同時に掻かせる。以降、ルーヴルで見たアングルが絵画における原体験だったこと、最初に描いたモチーフが友人に連れられて行ったクロッキー会のモデルさんだったこと、しかもエマニュエル夫人に似ていたこと等から、人物を中心に描く。
2006年●京都大学フランス語学フランス文学専修卒業
2009年●個展『青春の断面図』(@京都・ヒルゲート)
2010年●ライフドローイングスクール・アトリエROJUEの講師に就任
2011年●アトリエROJUE展『人体デッサンとその向こう』(@京都・ギャラリー知)
2012年●DESSIN EXPOSITION(@京都・ギャラリー知)
2013年●個展『LOVE』(@京都・ヒルゲート)
2014年●個展『言葉無しで語る人』(@京都・綾小路ギャラリー武)
2016年●個展『UNDER THE BLACKSTAR』(@京都・ギャラリー知)

山本 真也個展 『UNDER THE BLACKSTAR』
【会期】2016年7月19日(火)〜7月31日(日)※25日(月)休廊
【時間】12時~19時 ※最終日〜17時
【クロージングパーティー】7月30日(土)18時〜21時 ※参加費500円
【会場】GALLERY TOMO/ギャラリー知
【会場電話番号】075−585−4160
【会場住所】〒604−0995 京都市中京区寺町通丸太町東南角下御霊前町633青山ビル1F
【最寄り駅】京阪電車神宮丸太町駅より徒歩5分、地下鉄烏丸線丸太町駅より徒歩7分、地下鉄東西線市役所前駅より徒歩7分
【会場URL】http://gallery-tomo.com/