“いのちの波紋” 


“いのちの波紋”
~4人の絵画が うみだす いのちの波紋~
中島 順子、藤木 圭、鬼柳 好花、陳 芝廷

2015年12月22日(火)~27日(日)
12:00-19:00
宴(レセプション・パーティー)
12月25日(金) 18時から

京都造形芸術大学大学院日本画コースに在学する学生4名によるグループ展。
 

“いのちの波紋” 展覧会開催にあたって 

長らく日本画は視覚文化の領域において、西洋画流入以前よりこの国の時代を反映するものであり続けてきた。その役割はこれからも存在感を保ち、この国の文化を代表するコンテンポラリー(時代)の鏡としての本流であり続けるだろう。ここに作品を提示する彼らはアカデミックなプロセスから“実践に基づく知性”の獲得の領域へと進む。
人間は皆が自分の道をみつける必要があり、ギャラリーとしてもそれを規定することはできない。しかしこの4名の織り成す線は、決して関係が近しいから集まったというわけではなく、異なる個性を尊重しながら“いのちの波紋”という言葉のもと集まり、並んだ作品のその色は明暗含む個性が調和をしながら、確かにまばゆい光を放っているように思う。
大学院を修了し外界に出ていく今、彼らの創る作品は日本画的にスタンダードなものか、革新的なものかはわからない。変容する時代だからだ。これについてヴィクトリア・ウォルシュ(ロイヤル・カレッジ・オブ・アート)は、こう書いている。「アートを囲む国際的な人口構成は変わりつつある。―文化交流に対する世界的な関心の高まりとその大きな可能性が認められる―そのすべてが急速で複雑、かつ豊かな学習環境の形成に寄与している。(ギャラリーを含む)芸術文化機関は理論だけでなく実践を経て変わらねばならない。私はこれを“実践に基づく理論”と呼んでいる」
私もギャラリストであるが、この立場というのはスペースを運営するイベンターなのか、画商なのか、はたまたキュレーターなのか実にわからない複雑な個性を持っている。これも変容を遂げる世の中で文化を扱う仕事についている故であることは理解している(日本的ではある)つもりだが、並ぶ作品がどういったプロセスを経てここに辿り着いたかは非常に重要であり、様々な個性を前にどういったエンゲージメントを望むのかは展覧会によって違う。彼らの個性を私が現時点で決定することはできないのである。しかし、仕事をし、絵の具を得、画面に向かうだろう彼らの姿を見る側は、これからの現代美術というものが、決して富裕層のものだけではないと確実に気付くだろう。
日本画という歴史の証明の学びを経た4名の創意が絵の中にどう含まれているのかを楽しむこともできるし、よく見ると均質化された表現ではないことにも気付く。
様々なルーツから葉先に集まった水雫が水面に滴り落ち波紋を拡げるように、彼らのこれからが、とても自由で、無限であると同時に泡沫のように消え去る今しかないこの時この瞬間の葉先の先端を、ぜひ皆さまにご高覧いただければと思う。

ギャラリー知 青山 知相

鳥彦 “見放された街”


鳥彦 個展 ”Forsaken Cities -見放された街-”

「罪には罰を」の声が響き渡って、あらゆる街には罰が溢れた
しかし罰をくだしたところで、罪が消えるはずも無かったのだ
みな気付くのが遅すぎた
罪の上に、罰という罪を重ねて
渦潮の様に濁っていく街、旋風の様に荒んでいく街
手遅れだと知っていて、私は逃げ出した

2015年12月8日〜20日
12:00~19:00 ※月曜休

鳥彦“Forsaken Cities”

 イタリア作家招待企画が続くGALLERY TOMOの下半期、真冬を迎えるギャラリーでの展覧会を彩るのは鳥彦だ。
 弊画廊では過去に3度、彼の展示を開催している。4度目のテーマは“Forsaken Cities”。忘れ去られた、打ち捨てられたなどの意味のあるこの言葉が今回のキーワードとなる。

 2010年から作家活動を本格化。その後いくつかのグループ展、個展をこなしつつ京都を中心に活動中。彼が用いる技法は、マニエール・ノワールとも称されるメゾチント技法。西洋においては、非常に手間のかかる技法として一度は廃れてしまった技法である。この技法が現代で“再発見”されたのは、実は日本人の手によるものだ。
 浜口陽三、岩谷徹に代表される黒が特徴的なメゾチント、それゆえ基本的に華やかな画面とはならない。大河のように骨太に続いている日本の美術の文脈の中では、彼の描くタッチは少々異彩を放つ。
 鳥人が漆黒の闇の中をさ迷い、時に立ち止まり、まどろむ。その光景は、さながらルドンの版画作品のような寂寥感と夢想性に近い独自の世界観を持っている。フランスで活躍した長谷川潔の作品にもルドンとの共通性を見出すことができるが、彼と違うのはもっと個人的な、内なる心の衝動に耳を傾け、現実と夢想の狭間で救いを求めるかのような思いが画面上で正直にさらされている部分だ。この黒の世界への憧憬は時にユーモラスであり、その前に立つ鑑賞者自身も審判を受け、無意識のうちに領野を刺激され引き込まれた上に自己について考えるきっかけを得る。

 本展においては新しいタロットシリーズが披露される。2013年の個展“OLD AGE”で披露されたシリーズの新作となる。人であって人でない鳥人が、光も届かず、時間の流れからも見放されたような街を生きる物語。

GALLERY TOMO CONTEMPORARY
青山知相

PV
https://www.youtube.com/watch?v=nprGyTrIy1I&feature=youtu.be

鳥彦
鳥人をモチーフとした銅版画(メゾチント技法)を制作
京都を中心に活動中、ギャラリー知では4回目の個展
http://magatu.karakasa.com

THE MIKI & VITTORIA EXPERIENCE


THE MIKI & VITTORIA EXPERIENCE

場所:ギャラリー知/GALLERY TOMO CONTEMPORARY
〒604-0995 京都府京都市中京区下御霊前町633 Tel 075-585-4160 (代表)
日時:2015年12月6日(日) 午後3時~ 午後8時 
※当初5日としておりましたが、6日へ変更となりました。恐れ入りますがどうぞよろしくお願い申し上げます。

出演アーティスト:横山未来ヴィットリア・コロンナ
衣装スタイリング:鷲尾華子 (HANA DESIGN ROOM)
イベントコーディネート:杉山有希子
後援:イタリア文化会館-大阪

概要
人間とは、キャンバス上にある小さな点、時の中の一瞬、呼吸、記憶の断片、痕跡のひとつひとつによって存在しているにすぎません。
本イベントは横山未来(日本)とヴィットリア・コロンナ(イタリア&アイルランド)の女性アーティストがお互いの経験を探求しあうことで、東洋と西洋の実験的なパフォーマンスアートピースのコラボレーションとなり、お互いの生き写しのセルフポートレートとなります。
このパフォーマンスでは、二人のアーティストが双方の体にインク、ペイント、糸やポンポン、着物やボイスを使用し表現していきます。(写真:二人の女性がまったく異なるアートをお互いにデザインしています。)
二人は互いの身体に混ざり合うことで生きた展示となり、人間の内面の暴露がなされるのです。それが「Miki&Vittoria エクスペリエンス」です。

プロフィール
ヴィットリア・コロンナ – Vittoria Colonna
映画製作者であり、パフォーマンスアーティストであり、「真実の探求者」でもあるヴィットリアはアイルランドとイタリアで生まれ育ちました。イタリアではローマのアッカデミア・ディ・ベッレ・アルティで美術や絵画を学び、トスカーナ州でオペラ歌手としての訓練をうけ、その後もパフォーマンスアーティストであり続けています。ヴィットリアが、作家・製作・監督を手がけるビジュアルストーリーは、世界からも高い評価を受けています。
長編ドキュメンタリーである「IDENTITIES」の中で、彼女のパフォーマンスアートピースは、ワールドワイド・イタリア・パビリオンと2011年度・第54回ヴェネツィア・ビエンナーレにおいて、イタリア文部大臣賞に選ばれています。彼女の最新映画 「Sandboy」は、短編実写映画祭にノミネートされました。複雑な倫理問題を探求するためにヴィットリアは、映画やドキュメンタリービデオ、アートを使いその存在の意味を暴露し、正直さとダークユーモアで抵抗し、その活動は高く評価され続けています。
www.facebook.com/Paintedfilms
www.colonnavittoria.com

横山未来 – Miki Yokoyama
福島県出身、ロサンゼルス在住の日本人アーティストです。彼女は独学で絵を描き始めました。キャンバスや大理石、時には人の顔など対象を選ぶことなく、自らの手がおもむくままにペンや筆を自由に描き進めていくその過程は、誰かに教えられたり学んだりした絵ではない、一種のアウトサイダー的な表現であると言えるでしょう。社会的なコンセプトや哲学から解放された自由な世界でありたいと願う彼女の作品は、複雑に織り成される線と無数の生物的モチーフ達が細胞の様に混ざり合い、カオスと美が共存する神秘的な精神世界の表出なのです。
また彼女は僅か一年半という少ない活動期間にもかかわらず、これまでにロサンゼルスにて多くの展示会に参加、壁画の作成などもしており各方面から好評を得ています。今年の7月にはショーン・バレット氏によってBOTART国際コレクションにも選出されました。来年の1月はロサンゼルス最大級のアートフェア LA Art Show 2016にも参加予定です。
www.facebook.com/mikiyokoyamaart
http://www.mikiyokoyama.com/

633, Shimogoryomae-cho, Teramachi Tounan -Kado, Marutamachi-dori, Nakagyo Ku, Kyoto 6040995 Japan
Humans existence is only but a dot on the canvas, a moment in time, a breath, a memory, a mark.
Delving into the meaning of their existence, two artists Miki Yokoyama (Japan) and Vittoria Colonna (Italy & Ireland) will collaborate in an experimental performance art piece where both women will become each others living self portraits.
These two women will mould into each other, becoming a living and working installation, revealing the inside to the outside. The performance will consist of the artists painting each other in real time, using ink, paint, wool, yarn, elaborate costumes, voice and pom poms.