京都造形芸術大学 油画コース グループ展 “STOP”

京都造形芸術大学 油画コース グループ展 “STOP”

2014年11月25日(火)~30日(日)
12:00→19:00(最終日18:00迄)

行安 晶
東田 真央
白築 康一
山口 希望
近藤 大祐

大邱アートフェア2014 交流展 RED DOTS 3

2014年11月12日~16日

例年に引き続き、今期も大韓民国の大邱アートフェア2014にて、交流展“RED DOTS 3”が開催されます。
企画はGALLERY CAUTIONの浜田宏司氏、ギャラリー知の青山はブースディレクターとして参加いたします。
“RED DOTS”は、韓国のアート市場と日本からのギャラリーとの交流展です。
大邱アートフェア事務局は、これまで種々な形で海外のギャラリーとの交流を継続してきました。一昨年は、ヘイリ芸術村との交流展“Art Road77Art Fair-With Art、With Artist!”と、イタリアの新進作家を紹介する“Italian Way”の開催。
昨年の“RED DOTS 2”では、日本の展覧会で最も売れ、かつポピュラーな作家の作品を、各出展ギャラリストによる推薦という形で韓国のアート市場に紹介するという企画を行いました。

アジア、アメリカ、ヨーロッパからの芸術作品を、積極的に導入してきた活動によって今や大邱アートフェアは、韓国最高の国際的なアートフェアの一つとして評判が高まってきつつあります。
そして今年の“RED DOTS 3”では、すべての来場者とSNSを経由してコミュニケーションプログラムを準備しています。
参加ギャラリーは「平昌冬季五輪2018」を前に「美術市場の国際化」というテーマで、様々な国からのアーティストを招聘します。
すべての来場者は“RED DOTS 3”において、「アートと私と2018」というテーマでSNSを通じ人々と写真をシェアしたり、メッセージを書くことができます。
五輪が開催される2018年は、韓国の市民も積極的に参加するだけでなく、外国からの入国者、アスリート、政府関係者および関連労働者たち、多くの人々が韓国を訪問するでしょう。大邱アートフェア事務局、ディレクションに携わる私たちは、我々はこのコミュニケーションプログラム、“RED DOTS 3”が平昌五輪2018′のための貢献、そして、アートフェアの国際化を前に進める偉大なプロモーションとなることを願っています。
“RED DOTS 3”参加画廊
GALLERY CAUTION、ギャラリー椿、ギャラリーエデル、KATSUMI YAMATO GALLERY、みうらじろうギャラリー、GALLERY TOMO

http://www.daeguartfair.com/main2014/exhibition_2.html

GALLERY TOMOより出展予定の作家は以下の通りです。

石原 孟(日本)
アルマンド・フェットリーニ(イタリア)
シーズン・ラオ(マカオ)
マーク・トーマス・ウォーカー(オーストラリア)

期間中、画廊は休廊致します。