マックス・パペスキ 個展 “これでおしまい!”

マックス・パペスキ 個展 “これでおしまい!”
展覧会英語タイトルは、MAX PAPESCHI SOLO EXHIBITON “That’s all folks!”となります。

9月30日(火) ~10月12日(日), 2014
12:00~19:00(最終日18:00迄)
※月曜休

9月30日(火)17時よりレセプションパーティーを開催します。

GALLERY TOMOは、イタリア、コモのMARSIGLIONE ARTS GALLERY(以下、MAG)との提携により、ミラノのアーティスト、Max Paeschi(以下、マックス・パペスキ)氏の展覧会を開催します。

マックス・パペスキは広範囲に認められているイタリア人若手現代アーティストの中でも中心的な存在であり、過去の評論では社会的に議論の的で政治的には無礼と言われるなど酷い否定もありましたが、世界の大箇所での沢山の展示で説明することで理解されるようになりました。

現在、作家としても活動しており、昨年の4月に彼の自伝“Vendere svatiche e vivere felici(ナチスを売りそして幸せに生きる)”が“Sperling &Kupfer”から出版されました。
いつも凄い皮肉で人々を驚かせますが、それは彼自身が近代、現代の歴史を熟知しそれを明らかにし、マスメディアのシンボルと歴史的なものを並べて、社会的、政治的問題を表現することでグローバルな社会に潜むネガティブな部分を理解してもらうというコンセプトに基づいたものです。

MAGはこのアーティストの個展を遡ること今年5月、サンフランシスコで展示を行い、続いて7月、コモ市役所の文化評議会の支援によりコモの2ヵ所(①San Pietro in Atrio (サン・ピエトロ アトリオ):via Odescalchi, 3 Como ITALY、 ②MAG:Via vitani, 31 Como)で個展を開催しました。現在では9月8日からフランス・パリでも展覧会を開催している、世界中へ精力的なツアーを行っているプロジェクトです。

1年間をかけて世界を回ったこのプロジェクトの成果により彼の作品は世界中で認知されつつあります。
“A Life Less Ordinary”で再評価された“Magazine Life(マガジンライフ)”で表紙を飾った作品、“From Hiroshima with love”のモノクロ作品、消費主義の香りと犠牲“The Nightmare Before Nothing”、中でもとりわけ有名なバージョンのシリーズ“baby di Smile、Relax & Hate”、そしてシリーズ“La Sociètè du Spectacle”など列挙に暇がありません。

そして今回、マックス・パペスキにとって初めての日本での展覧会を京都のGALLERY TOMOで開催します。
イタリアの現代美術にご関心のある皆様のご高覧お待ち申し上げます。

監修:
MAG Salvatore Marsiglione (サルバトーレ マルシリョーネ)
GALLERY TOMO 青山 知相

後援:
イタリア文化会館大阪 (イタリア外務省)
京都市
公益財団法人 京都国際交流協会
Luigi Russolo 資料連盟

MAX PAPESCHI
http://www.maxpapeschi.com/

MAG
http://www.marsiglioneartsgallery.com/

神戸アートマルシェ 出展

2014年9月26日(金)~28日(日)

場所:神戸オリエンタルホテル
1333号室

出展者
石原 孟
小西 寛之
近藤 直人
高木 美紀
松本 晴喜
鳥彦

神戸アートマルシェ ホームページ
http://www.art-marche.jp/2014/

ECONASIA “ローマ字” M T WALKER



ECONASIA “ローマ字” M T WALKER

マーク・トーマス・ウォーカー

主催:GALLERY TOMO
後援:駐日オーストラリア大使館


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

マーク・トーマス・ウォーカー(M T WALKER)はオーストラリアのヴィクトリア州マレー地方のビデオアーティストである。
彼はロンドンでの生活を経て(2008年迄)、メルボルンのビクトリア大学で、グローバリゼーションを研究。RMITで(優等付き)美術学士号を取得し、RMITで大学院の3年間の奨学金を得ている。
代表作ビデオ詳説は、2014年にメルボルンのラグランストリートギャラリーにてニューメディア賞を受賞した。‬‬
‪作品の特徴としてはビデオアートによって歴史的な学説と政治哲学の再文脈化を意図しているが、内容はそれぞれ無数の観客テーマごとに編集されている。
彼の持つ政治哲学の関心が専門性のある文学史研究によって補完され、芸術表現として成立する。
ACCA & NGVなどの会場で知名度の高いショーのインストールアシスタントとしての経緯があり、ウェブサイト”infx.com.au” では、舞台上映やエキシビジョンの内容を公開している。
そして現在、ローンフィルム、メルボルン国際映画祭(MIFF)のテクニカルコーディネーターを務めている。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

2014年9月2日(火)~21日(日)
12:00~19:00 最終日18時迄
※月曜休

ステートメント:
Romaji(ローマ字)は、西洋の言葉を日本語の字に置き換えるために必要な定義となる用語である。‬‬
‪‬
ローマ字は西洋世界から発せられる言語を、淡く日本語での発音として表現したものだ。
この作品のアーティスト、マーク・トーマス・ウォーカーも彼のビデオアート作品は同様の動機から生まれていると感じている。彼の取り組みは、この日本、京都で彼の作品の鑑賞者に対し彼の表現する現代的なアジア政治理論を転写することにある。‬
‪‬
Econasiaシリーズは、4年スパンの記録写真で、9つのシングルおよびマルチチャンネルビデオアート作品を網羅するプロジェクトだ。
Econasia:”Romaji”には北朝鮮、日本、インドネシア、及びマレーシアにおける人の手によるものと自然環境、その両方を調査した4つの映像作品が組み込まれいる。地域の社会的、政治的学説が関連付ける、いわゆる”Asian Century”へと導いた、経済的かつ政治的な影響が、政治学を物語る現代文学、音声、そして不自然な物語と織り交ざっている事を動画の中で表現している。‬